VMDとMDのショーアンドテルです

トップページ > 店舗経営を科学する

ショーアンドテルの売れる店づくりの考え方

「入店客数」と「視認率」のアップを図る

MDに問題がなければ入店客数と売上は比例します。視認率アップは買上率と客単価のアップをもたらします。
「入店客数」と「視認率」のアップのために何をするべきか、そのノウハウを習得することが必要です。

科学と感性を分けてとらえ「小売の科学」を習得する

何ごとにも科学と感性があります。誰しもが守るべき小売の原則は科学、会社として決めたルールも科学です。感性は人により様々です。
MDにもVMDにも店舗改装にも科学と感性はあります。まずは科学を習得することです。

お店の科学

MDの科学と感性

商品分類を決めること=科学

分類ごとのバランスを決める際に、データを使用すること=科学

バランスを決める際に、勘を働かせて推定すること=感性

VMDの科学と感性

展開分類を決めること=科学

陳列を会社のルール通りにすること=科学

ディスプレイをトライアングルなどの原則にそって作ること=科学

トライアングル等の作り方=感性

改装の科学と感性

展開分類がまとまる様な什器のサイズ、レイアウトを作ること=科学

カウンター周りがキレイになるように、収納するための機能を決めること=科学

床、壁、天井、什器等の色、素材、デザインをプランすること=感性

お店とデザイナーの役割分担:「お店は科学の部分を担う」「デザイナーは感性と科学の両方を担う」

感性は感性の専門家(デザイナー)に任せること

感性の部分に専門家以外の人が口出しするのは間違い

お店のレシピ

小売にも色々試行錯誤した結果、「長期的な売上と利益の増加にベスト」と判断されたルール(レシピ)があります。店舗改装にもMDにもVMDにもルールがあります。

日本の小売業ではこのレシピを飛び超えて「感性」と「経験」のみで運営されているのが実体です。しかし、小売のレシピを無視して、分かり易い売場、買い易い売場、そして売上の上がる売場を実現するのは不可能です。

売れるお店

売れるお店とは

  • お客様に好かれるお店
  • 商品をたくさん見てもらえるお店
  • 商品を一瞬で印象づけることのできるお店

どうしたら好かれるお店になるのでしょう。商品をたくさん見てもらうためには、具体的にどうしたら良いのでしょう。そして、商品を一瞬で印象づけるためには、どうしたら良いのでしょう。

店舗改善のフローチャート

繁盛店になるために 実施すること ショーアンドテルの支援
学ぶ VMDの基本の習得
MDの基本の習得
改装ノウハウの習得
拙著
「お客がどんどんやってくる
お店のルール46」
「MDプラン作成の基本」
決める 大・中・小分類の決定
ポスデータの中身の決定
VMDルールの決定
POPルールの決定
コンサルティング
行う 売場改善の実施
MDプランの作成
VMDプランの作成
科学的な改装
コンサルティング

SHOW&TELL = All Rights Reserved.