VMDとMDのショーアンドテルです

リモデルサポート

トップページ > コンサルティング > リモデルサポート

数値に基づいた科学的な改装を実現する「リモデルサポート」

改装の「科学」と改装の「感性」

MD、VMDと同様に改装にも「科学」と「感性」があります。
デザイナーの経験と感性のみに頼った改装、店舗スタッフの感性を中心とした改装では成功の確率は極めて低いです。数値的根拠のある改装を手がけています。

改装の科学とは、

  • 商品の固まり(分類)と什器レイアウトを一致させる
  • 商品の陳列数と什器のサイズを一致させる
  • 商品が美しく見えるように什器の機能を決める

改装の感性とは、

  • 床、壁、天井、什器、照明といったハード面の「色」「素材」「デザイン」を追求する

勝ち組と負け組の徹底的な差はこの改装ノウハウです。
負け組はデザイナーに任せるべき感性の部分にのみ関心を抱いてしまいます。一方、勝ち組は「科学」と「感性」を明確に区分します。科学の追求に労力を費やし、感性は専門家に任せます。

実施する重要な項目の一例です。

  1. 品揃え、展開、販売の基本方針の決定
  2. 計数計画の決定
  3. プランの作成(強化ポイント・競合店との差別化・MDバランス)
  4. 大・中・小分類毎の売上、利益、面積の決定
  5. 分類毎の展開数量の決定
  6. 分類毎の什器台数(機能別)の決定

リモデルのレシピ

ハードだけを新しくする改装、感性のみを追求した改装では売上は上がりません。
改装にも「レシピ」があります。レシピに基づいた科学的な改装をショーアンドテルではご提案しています。

売れる売場づくりのための4つのプラン

ショーアンドテルではクライアント様のご要望に応じた、改装のための「4つのプラン」をご用意しています。

ショーアンドテルと他社の違い

科学的な改装には「ソフト」のノウハウが欠かせません。ソフトのノウハウとは「MDのノウハウ、VMDのノウハウ」です。

MDのノウハウを活かした改装、VMDのノウハウを活かした改装でなければ成功はありません。

他社   ショーアンドテル
ハードのノウハウ
感性
  ハードのノウハウ+ソフトのノウハウ
感性+科学
× マーケティングの支援 ターゲットの見直し
× MDの支援 分類の見直し
プライスゾーン
アイテムバランス
データの整備
× VMDの支援 グルーピングが表現できる什器
棚割プランの作成
VPプランの作成
施工終了後引き渡し 施工・引き渡し 施工終了後引き渡し
× VMD実施 IPの実施
VP・PPの実施
POPの作成
(3つの距離に応じた3つのPOPそれぞれに3つのテーマを設定する)

ショップデザインの考え方

ショップデザインをするにあたって、クライアントはできるだけ多くの情報をデザイナーに伝える必要があります。それに対してデザイナーは形にしていくだけではなく、知識、経験を活かし、より良いショップにする為に提案をしていきます。
クライアントは何を伝えなくてはいけないのか?
デザイナーは何を提案していくのか?
各々詳細を分析し、双方のコミュニケーションを図ります

クライアント デザイナー
何を売るか?(アイテム) 商品のサイズを理解し、機能の提案
誰に売るか?(性別、年齢、収入、趣味・嗜好) 売り方、見せ方の提案
スタイルは?(タイプ、目的) ライフスタイルを理解する
オペレーションは?(サービス) スムーズなレイアウトの提案
イメージは?(様式、イメージ) あくまでも商品が主役、商品とストアコンセプトにあったデザインの提案

お申し込みはこちらから

SHOW&TELL = All Rights Reserved.