小売の科学

小売の科学

商品構成の変化に伴うリスクを軽減するために:売り上げ減をどう抑えるか

ショップはお客様や立地の変化に対応するために、ターゲットや品揃えの変更に迫られる場合があります。その際、既存のお客様が離れてしまい、売り上げを落としてしまう危険性もあるのですが、リスクを低くするための対策を紹介します。
小売の科学

小売り科学の三つの欠落【分類・型数・仮説】

売り上げ不振の対応策を三つ挙げます。本来できているはずの"科学"の部分で、1.分類が不明確、2.MDプランの際に型数を決められない、3.仮説の立て方を知らない。これを克服できれば、売り上げ不振から脱却できます。
小売の科学

「感性」と「原則」に仮説を立てる

「仮説を立てて検証し、ノウハウを得る」は分かりにくいテーマです。具体的な方法は「感性の一部を仮説にする」「原則を細分化して仮説にする」「原則に優先順位をつける」の三つです。今回は、それら仮説の立て方を解説してみます。
小売の科学

ショーアンドテルの独自ノウハウ【小売の科学編】

MDにもVMDにもポップにも共通する科学があります。具体的には、「・小売店の人が守るべき3つのこと、・感性の決め方、・売れるお店の3つの条件、・自分たちの都合を優先させない、・商品とポップ以外は見せない」です。
小売の科学

小売は科学9割、感性1割

小売の科学と感性について整理してみたところ、「小売は科学が9割」と確信するに至りました。マーチャンダイジング、VMDに関して、項目ごとに科学と感性に分けて整理し、その際、大半は科学が占めることを改めて確認できました。
小売の科学

小売の科学とは

小売の科学とは、1.入店率、視認率、買上率を上げるための「原則」、2.会社が決めた「ルール」、3.仮説を立て検証し蓄積した「ノウハウ」です。これらは全て個人の好き嫌いに関係なく、誰もが実施すべきことなので「科学」です。