婦人服飾雑貨のマーチャンダイジングをKindle本で学ぶ

MDを本で学ぶ

始めて仕入れを担当することになった人が困ることはどのようなプランを立てたら良いのかが分からないことです。プランを立てられないのです。プランがないと、いきあたりばったりで、頼りは自分の好き・嫌いなどの感性です。売れるか売れないかは店頭に出してみて、お客様の反応を見るまでは分かりません。

でも、マーチャンダイジングにも感性の部分と科学の部分があります。科学の部分を網羅したマーチャンダイジングプランがあります。この本では、その科学的なマーチャンダイジングプランの立て方が学べます。マーチャンダイジングプランの一例を確認できます。

とても実践的なマーチャンダイジングのテキストが完成したと自負しております。マーチャンダイジングを科学的に変革できる、他に例を見ないテキストです。個人の感性に頼る必要のない科学的なMDに変換する手助けをします。

ここで紹介する全ての本に共通していることは「大・中・小分類」と「MDプラン」の具体例が網羅されていることです。内容が実践的なので結果をすぐ出せます。

婦人靴のマーチャンダイジング

本書は婦人靴の専門店や百貨店など大型店の婦人靴売場がMDを組み立てるとき、どのようなことをするべきかを紹介しています。

ターゲットのお客様が欲しい品揃えを実現するために、どのような商品分類が良いのか、どのようなプランを作成したら良いのか、どのようなデータを収集するべきなのか、そして仕入れる型数をどのように算出するかについて学べます。

婦人靴売場で考えられる分類基準に、「エイジ」「テイスト」「グレード」「オケージョン」「アイテム」「ブランド」があります。

エイジ別分類は「ヤング・アダルト」、テイスト別分類は「アップトゥデイト・コンサバティブ」、グレード別分類は「ベター・モデレート・バジェット」、オケージョン別分類は「カジュアル・タウン」、ブランド別分類は「Aブランド・Bブランド・・・・」、アイテム別分類は「パンプス・サンダル・ブーツ・スニーカー・コンフォート・ウォーキング」とします。

エイジを重視したA案、グレードを重視したB案、そしてアイテムを重視したC案の3つの商品分類を紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 婦人靴のマーチャンダイジング

ハンドバッグのマーチャンダイジング

本書はハンドバッグの専門店や百貨店など大型店のハンドバッグ売場がMDを組み立てるとき、どのようなことをするべきかを紹介しています。

ターゲットのお客様が欲しい品揃えを実現するために、どのような商品分類が良いのか、どのようなプランを作成したら良いのか、どのようなデータを収集するべきなのか、そして仕入れる型数をどのように算出するかについて学べます。

ハンドバッグ売場の重要な分類基準は「グレード」「エイジ」「ブランド」「素材」「アイテム」です。

素材で分けると、「革」とナイロンなどの「雑材」になります。エイジ別に分類する場合、ここも他の売場と同様に、ハンドバッグのデザインや柄などで1型ずつエイジ別に分けるということではなく、ブランドのコンセプトやターゲットで判断します。

商品分類はグレードとエイジを重視したA案、グレードと素材を重視したB案、そしてグレードとエイジと素材を重視したC案の3案を紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 ハンドバッグのマーチャンダイジング

アクセサリーのマーチャンダイジング

本書はアクセサリーの専門店、あるいは百貨店など大型店のアクセサリー売場がMDを組み立てるときに実施することを紹介しています。

ターゲットのお客様が欲しい品揃えを実現するために、どのような商品分類が良いのか、どのようなプランを作成したら良いのか、どのようなデータを収集するべきなのか、そして仕入れる型数をどのように算出するかについて学べます。

大分類の分類基準として考えられるのはエイジ、グレード、テイスト、オケージョン、アイテムです。中・小分類としては素材、デザイン、サイズもあります。

エイジ別に分類すると「ヤング、アダルト」、グレードは「ベター、モデレート」、テイストは「アップトゥデイト、コンサバティブ」、オケージョンは「フォーマル、パーティー、オフィス、カジュアル」、アイテムは「ペンダント、ピアス、イヤリング、リング」です。素材は「シルバー、ゴールド、その他」とし、デザイン別の分類はアイテムにより異なります。

エイジを重視したA案、オケージョンを重視したB案、そしてアイテムを重視したC案の3つの商品分類を紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 アクセサリーのマーチャンダイジング

婦人帽子のマーチャンダイジング

本書は婦人帽子の専門店や百貨店など大型店の婦人帽子売場のMDを組み立てるときに実施することを紹介しています。

ターゲットのお客様が欲しい品揃えを実現するために、どのような商品分類が良いのか、どのようなプランを作成したら良いのか、どのようなデータを収集するべきなのか、そして仕入れる型数をどのように算出するかについて学べます。

帽子を購入する際、価格以外で最も関心を抱くことはデザインと思います。帽子にはセーラー、ブルトン、クロッシェなどデザインごとに名称があります。

VMD上もこのデザイン別展開分類の優先順位は高いと考えますが、MD上もセーラーで○円売る、ブルトンで○円売るなど、デザイン別の売上も把握して、デザインのバランスを決めることは重要です。

大分類の分類基準として考えられるのはエイジ、グレード、テイスト、デザイン、素材、ブランドです。

エイジは「ヤング、アダルト」の2分類、グレードは「ベター、モデレート」の2分類、デザインは「セーラー、ブルトン、キャップ、ベレー、ニット、ストロー、帽体」の7分類にしました。尚、素材で分けた「ニット」や「ストロー(麦わら)」も、材料の意味である「帽体」もデザイン別分類の1つにしています。

エイジを重視したA案、デザインを重視したB案、グレードを重視した3つの商品分類を紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 婦人帽子のマーチャンダイジング

 

スカーフのマーチャンダイジング

本書はネックウエアを扱っている衣料品店や百貨店など大型店のネックウエア売場がMDを組み立てるときに実施することを紹介しています。

ターゲットのお客様が欲しい品揃えを実現するために、どのような商品分類が良いのか、どのようなプランを作成したら良いのか、どのようなデータを収集するべきなのか、そして仕入れる型数をどのように算出するかについて学べます。

大型店では服飾雑貨が大分類、スカーフ売り場が単独で中分類、あるいは傘などとともに中分類になるのでしょう。中分類がスカーフ単独の場合の小分類は、アイテム別のスカーフ、マフラー、ストール、スヌードなどになります。

ここでの分類はスカーフ売場をまずいくつかに分ける時を大分類(第1分類)とします。スカーフ売場の第1分類の分類基準として考えられるのはエイジ、グレード、テイスト、アイテム、ブランド、サイズ(形)、素材、柄です。

スカーフをサイズ(形)で分類すると、「レギュラー、ロング、プチ、セミプチ」となり、素材で分けると「シルクスカーフ、ウールスカーフ」、柄別では、「無地、花柄、チェック、ストライプ、オーナメント柄、アニマル柄、ドット、幾何柄」などになります。

エイジ、グレードを重視したA案、アイテム、スタイルを重視したB案の2つの商品分類を紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 スカーフのマーチャンダイジング

婦人財布のマーチャンダイジング

本書は婦人財布売場のMDを組み立てるときに実施することを紹介しています。

ターゲットのお客様が欲しい品揃えを実現するために、どのような商品分類が良いのか、どのようなプランを作成したら良いのか、どのようなデータを収集するべきなのか、そして仕入れる型数をどのように算出するかについて学べます。

婦人財布売場のMDはほぼハンドバッグと同様に進めます。商品分類もMDプランも似たような内容になりますが、財布はハンドバッグより機能性重視という面があります。

例えば、長財布や二つ折りの札入れを購入する時、小銭入れが有るか無いかは重要な関心事です。小銭入れもボックスタイプやファスナー、ボタンで留めるタイプがあり、それは購入する際にとても関心の高いものです。これらの機能性は、MDプランを組み立てるとき、網羅しなければならない要素です。

重要な分類基準は「グレード」「エイジ」「素材」「ブランド」「アイテム」です。
婦人財布もハンドバッグと同様に革素材だけでなく他の素材もあります。
グレードと素材を重視したA案、グレードとエイジを重視したB案の2つの商品分類を紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 婦人財布のマーチャンダイジング

 

婦人傘のマーチャンダイジング

本書は婦人傘売場のMDを組み立てるときに実施することを紹介しています。

ターゲットのお客様が欲しい品揃えを実現するために、どのような商品分類が良いのか、どのようなプランを作成したら良いのか、どのようなデータを収集するべきなのか、そして仕入れる型数をどのように算出するかについて学べます。

大型店の傘売場は雨傘とパラソル、雨傘は婦人用と紳士用、そしてレイングッズに分けられ、パラソルは晴雨兼用と日傘で構成されています。本書は婦人用雨傘のMDについて解説致します。

雨傘の分類基準の候補として挙げられるのは、「エイジ」、「グレード」、「ブランド」、「素材」、「重量」、「柄」、「色」、そして長傘・折傘の「スタイル」です。

「素材」とは「UV加工」の商品と他の商品に分ける時の分類基準で、「軽量」とそれ以外の「通常の重さ」の商品とに分ける時の分類基準を「重量」とします。

エイジ別分類は「ヤング」と「アダルト」、グレードは「ベター」と「モデレート」の2分類とします。

スタイルと重量と素材を重視したA案、スタイルとエイジとグレードを重視したB案の2つの商品分類を紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 婦人傘のマーチャンダイジング

パラソルのマーチャンダイジング

本書は婦人傘売場のパラソルのMDを組み立てるときに実施することを紹介しています。

ターゲットのお客様が欲しい品揃えを実現するために、どのような商品分類が良いのか、どのようなプランを作成したら良いのか、どのようなデータを収集するべきなのか、そして仕入れる型数をどのように算出するかについて学べます。

パラソルの分類基準の候補として挙げられるのは、用途別の「晴雨兼用・日傘」、スタイル別の「長傘・折傘」、そして「エイジ」、「グレード」、「ブランド」、「柄」、「色」です。

用途とスタイルと柄を重視したA案、エイジとスタイルを重視したB案、用途とスタイルとエイジを重視したC案の3つの商品分類を紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 パラソルのマーチャンダイジング

婦人手袋のマーチャンダイジング

本書は婦人手袋売場のMDを組み立てるときに実施することを紹介しています。

ターゲットのお客様が欲しい品揃えを実現するために、どのような商品分類が良いのか、どのようなプランを作成したら良いのか、どのようなデータを収集するべきなのか、そして仕入れる型数をどのように算出するかについて学べます。

婦人手袋売場の分類基準として、素材、エイジ、グレード、ブランド、色、サイズがあります。

素材で分けると、革手袋、ジャージ、ニットの3つに分類されますが、革手袋は更に本革とスエードに分けられます。

サイズは革手袋では重要です。20cm、21cmがふつうサイズで、18cm、19cmは小さいサイズ、22cm以上は大きいサイズとみなされています。

重要な分類基準は「エイジ」「グレード」「ブランド」「素材」「色」「サイズ」です。

素材とグレードを重視したA案、エイジとグレードを重視したB案の2案を紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 婦人手袋のマーチャンダイジング

パンストのマーチャンダイジング

本書は婦人靴下売場のパンストのMDを組み立てるときに実施することを紹介しています。

ターゲットのお客様が欲しい品揃えを実現するために、どのような商品分類が良いのか、どのようなプランを作成したら良いのか、どのようなデータを収集するべきなのか、そして仕入れる型数をどのように算出するかについて学べます。

パンティストッキングは対象別の「エイジ」、「グレード」、関心度別の「ブランド」、「アイテム」、「色」、「サイズ」、「素材」、「無地・柄」、用途別の「機能」などです。
パンティストッキングをアイテムで分けると、「パンティストッキング」、「タイツ」になりますが、ここではパンティストッキングに絞って解説します。

パンスト売場の考えられる分類の案をいくつか作ってみます。
重要な分類基準は「エイジ」「グレード」「ブランド」「タイプ」「サポート強度」「付帯機能」「肌の透け具合」「光沢具合」「素材」「柄」です。

タイプで分ける場合は「レギュラー、つま先スルー、オールスルー、ガードル機能付、センターシームレス、バックシーム」の6分類とします。

サポート強度で分ける場合は「サポート強・サポート中・サポート弱」の3段階、 付帯機能で分ける場合は「マチの有無・つま先補強・かかと補強・幅広ウエストゴム」の4分類とします。

肌の透け具合で分ける場合は「透ける・やや透ける・透けない」、光沢具合で分ける場合は「輝く・少し輝く・輝かない」の3段階とします。

素材別に分ける場合は「交編・SCY・DCY・コンジュケート」の4分類と「交編・ゾッキ」の2分類の2つとします。

柄別に分ける場合は」無地・柄」の2分類です。

商品分類を決める際に重要な分類基準を「エイジ」「グレード」「柄」「素材」「透け具合」「サポート強度」とします。

エイジを重視したA案、グレードを重視したB案、柄を重視したC案とD案の4つの商品分類を紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 パンストのマーチャンダイジング

ソックスのマーチャンダイジング

本書は婦人靴下の専門店や百貨店など大型店の婦人靴下売場のソックスのMDを組み立てるときに実施することを紹介しています。

ターゲットのお客様が欲しい品揃えを実現するために、どのような商品分類が良いのか、どのようなプランを作成したら良いのか、どのようなデータを収集するべきなのか、そして仕入れる型数をどのように算出するかについて学べます。

ソックスの分類基準の候補として考えられるのは、対象別の「エイジ」、「グレード」、「テイスト」、関心度別の「スタイル」、「ブランド」、「色」、「サイズ」、「素材」、「無地・柄」などです。
ここでの「スタイル別分類」とは「ソックス・ハイソックス・オーバーニーソックス」に分けることを言います。

ソックスの商品分類を決める際に重要な分類基準を「テイスト」「スタイル」「柄」「ブランド」とします。
スタイルとテイストを重視したA案、スタイルと柄とブランドを重視したB案、スタイルと柄とテイストを重視したC案の3つの商品分類を紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 ソックスのマーチャンダイジング

ハンカチのマーチャンダイジング

本書はハンカチ売場のMDを組み立てるときに実施することを紹介しています。

ターゲットのお客様が欲しい品揃えを実現するために、どのような商品分類が良いのか、どのようなプランを作成したら良いのか、どのようなデータを収集するべきなのか、そして仕入れる型数をどのように算出するかについて学べます。

婦人のハンカチの分類基準としては、レース、タオル地などの素材別や柄別、ブランド別、そしてグレード別、エイジ別、テイスト別があります。一般的なハンカチには通常サイズと大きいサイズがあり、サイズ別分類も必要です。さらに、プチスカーフの代わりに使用するもの(柄で決まるらしい)とハンカチ本来の使い方をするものとに分ける、つまり用途別分類も1つの候補です。

エイジとグレードを重視したA案とそれらを重視せず、素材を重視したB案の2つの商品分類を紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 ハンカチのマーチャンダイジング

МDプランを学べる Kindle本

実践的なマーチャンダイジングのテキストは下記のページでも紹介しています。

マーチャンダイジングの考え方をKindle 本で学ぶ

レディースアパレルのマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ

メンズアパレルのマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ

紳士雑貨のマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ

インテリアのマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ