メンズアパレルのマーチャンダイジングをKindle本で学ぶ

MDを本で学ぶ

始めて仕入れを担当することになった人が困ることはどのようなプランを立てたら良いのかが分からないことです。プランを立てられないのです。プランがないと、いきあたりばったりで、頼りは自分の好き・嫌いなどの感性です。売れるか売れないかは店頭に出してみて、お客様の反応を見るまでは分かりません。

でも、マーチャンダイジングにも感性の部分と科学の部分があります。科学の部分を網羅したマーチャンダイジングプランがあります。この本では、その科学的なマーチャンダイジングプランの立て方が学べます。マーチャンダイジングプランの一例を確認できます。

とても実践的なマーチャンダイジングのテキストが完成したと自負しております。マーチャンダイジングを科学的に変革できる、他に例を見ないテキストです。個人の感性に頼る必要のない科学的なMDに変換する手助けをします。
ここで紹介する全ての本に共通していることは「大・中・小分類」と「MDプラン」の具体例が網羅されていることです。内容が実践的なので結果をすぐ出せます。

『ブランドのマーチャンダイジング』だけは「ブランド」を切り口にしたマーチャンダイジングになっており、大・中・小分類の例が載っていませんが、他の書は全てターゲットの設定から大・中・小分類の案を2~3、大・中・小分類の一例に基づいたアイテム別型数、関心度別型数、プライス別型数の具体例を掲載しております。

紳士スーツのマーチャンダイジング

本書は紳士スーツの専門店や百貨店など大型店の紳士スーツ売場のMDを組み立てるときに作成するプランを解説しています。

ターゲットのお客様が欲しい品揃えを実現するために、どのような商品分類が良いのか、どのようなプランを作成したら良いのか、どのようなデータを収集するべきなのか、そして仕入れる型数をどのように算出するかについて学べます。

紳士スーツの分類基準の候補としては、対象別の分類基準の「エイジ」「グレード」「テイスト」、関心度別の分類基準の「ブランド」「スタイル」「色」「サイズ」「素材」「柄」などです。

スーツは用途別分類のオケージョン別分類の「ビジネス100%、カジュアル0%」なので、オケージョン別のバランスを考える必要はありません。

オケージョンがなくても、対象別で3つ、関心度別で6つととても多いので、考えられる案を「エイジ、グレード、テイストのバランスの必要性がある場合」と「エイジ別、グレード別、ブランド別のバランスを考える必要がない場合」の2つに絞って紹介します。

MDプランで活用する商品分類は、デザインを重視したA案、テイストとグレードを重視したB案の2つの商品分類を紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 紳士スーツのマーチャンダイジング

ワイシャツのマーチャンダイジング

本書は紳士服の専門店や百貨店、GMSなど大型店のワイシャツのMDを組み立てるときに作成するプランを解説しています。

ターゲットのお客様が欲しい品揃えを実現するために、どのような商品分類が良いのか、どのようなプランを作成したら良いのか、どのようなデータを収集するべきなのか、そして仕入れる型数をどのように算出するかについて学べます。

ワイシャツの分類基準の候補としては、関心度別の分類基準の「ブランド」「デザイン(レギュラーカラー、ボタンダウン、ワイド、クレリックなど)」「柄」「素材」、対象別の分類基準の「エイジ(年齢)」「グレード(収入)」「テイスト」です。

MDプランで活用する商品分類は、素材とデザインを重視したA案、テイストとグレードを重視したB案の2つを紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 ワイシャツのマーチャンダイジング

メンズトップスのマーチャンダイジング

紳士服の専門店や百貨店、GMSなど大型店には紳士セーターを中心とするトップスの売場があります。トップスとは上半身に着るウエアのことで、セーター、ベスト、カーディガン、ポロシャツ、ニットシャツ、Tシャツ、シャツ、アウターなどが該当します。
本書は紳士のトップスのMDを組み立てるときに作成するプランを解説しています。

ターゲットのお客様が欲しい品揃えを実現するために、どのような商品分類が良いのか、どのようなプランを作成したら良いのか、どのようなデータを収集するべきなのか、そして仕入れる型数をどのように算出するかについて学べます。

メンズトップスの分類基準の候補は、対象別の分類基準の「エイジ」「グレード」、関心度別の分類基準の「単品・コーディネート」「アイテム」「ブランド」「スタイル」「デザイン」「無地・柄」「素材」があります。

MDプランで活用する商品分類は、単品・コーディネートを重視したA案とグレードを重視したB案の2つを紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 メンズトップスのマーチャンダイジング

ブランドのマーチャンダイジング

商品の選び方は人によって異なります。ある商品を買いたいと思ったとき、購入するブランドが決まっている人は、ブランドごとにまとまっているお店が買いやすく、いくつかのブランドを比較したい人はアイテムごとにまとまっているお店を好みます。

前者を対象にしたお店があります。婦人服、紳士服、ハンドバッグ、婦人靴、アクセサリー、帽子など扱う商品は様々です。このようなお店では導入するブランドの決め方がとても大事です。好みや勘など個人の感性で決めず、科学的に決めます。具体的には、グレードでの位置づけはどこか、ベターなのかモデレートなのか、エイジではどこか、テイストではどこかなど、新規に導入するブランドは位置づけを明確にしてから決めます。

本書では、「ブランドの位置付けの決め方」「競合店のブランド構成の把握の仕方」「競合店と当店のブランド構成の比較法」「構成ブランドの案の作成」などを学べます。

アマゾンのページはこちらをクリック
 ブランドのマーチャンダイジング: 科学的なMDにスイッチして業績を伸ばす

МDプランを学べる Kindle本

実践的なマーチャンダイジングのテキストは下記のページでも紹介しています。

マーチャンダイジングの考え方をKindle 本で学ぶ

レディースアパレルのマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ

婦人服飾雑貨のマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ

紳士雑貨のマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ

インテリアのマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ