インテリアのマーチャンダイジングをKindle本で学ぶ

MDを本で学ぶ

始めて仕入れを担当することになった人が困ることはどのようなプランを立てたら良いのかが分からないことです。プランを立てられないのです。プランがないと、いきあたりばったりで、頼りは自分の好き・嫌いなどの感性です。売れるか売れないかは店頭に出してみて、お客様の反応を見るまでは分かりません。

でも、マーチャンダイジングにも感性の部分と科学の部分があります。科学の部分を網羅したマーチャンダイジングプランがあります。この本では、その科学的なマーチャンダイジングプランの立て方が学べます。マーチャンダイジングプランの一例を確認できます。

とても実践的なマーチャンダイジングのテキストが完成したと自負しております。マーチャンダイジングを科学的に変革できる、他に例を見ないテキストです。個人の感性に頼る必要のない科学的なMDに変換する手助けをします。

ここで紹介する全ての本に共通していることは「大・中・小分類」と「MDプラン」の具体例が網羅されていることです。内容が実践的なので結果をすぐ出せます。

キッチンのマーチャンダイジング

本書は、調理器具や台所、食卓で使う商品を扱っている専門店や百貨店、GMSなどの売場がMDを組み立てるときに作成するプランを解説しています。

キッチンの大・中・小分類の一例を紹介します。
大分類は「調理用品」「台所用品」「清掃用品」の3つ、中分類は用途別、小分類は機能別、アイテム別にしました。
ちなみに、「調理用品」の中分類は「下処理・本作業・仕上げ」の3つ、「下処理」の小分類は「切る・洗う・沸かす」など、「本作業」の小分類は「炒める・煮る・揚げる」などです。

本書を読んで「調理用品・台所用品・清掃用品」の[分類別売上予算]と[什器台数]を決めます。
売上の多くを占める「調理用品」の「本作業」の[分類と予算]を決めます。
アイテム別ブランド別の[棚段数と什器台数]を算出します。
[アイテム別型数]、[ブランド別型数]、[プライス別型数]を決めます。

アマゾンのページはこちらをクリック
 キッチンのマーチャンダイジング

洋食器のマーチャンダイジング

洋食器売場を構成する商品は[洋食器、ガラス製品、金属食器(カトラリー)]です。
本書を読んで、[洋食器,ガラス食器,カトラリー]のプライスゾーンを決めます。
[棚段数]を売上に比例させて算出します。
商品1点のスペースを決め、[アイテム別展開数]を算出します。
アイテムごとの[プライス別型数]を決めます。
「ベター」はブランドごとシリーズごとの[什器台数]、[棚段数]も算出します。
それらの算出法も解説しています。

プライスゾーンについては、例えば「洋食器」の「マグカップ」のプライスゾーンを300円から4,000円、中心プライスは1,000円、ベターの価格帯は2,000~5,000円、モデレートは800円以上2,000円未満、バジェットは300円以上800円未満などと決めます。

大分類は「単品・コーディネート」を重視したA案と「グレード(収入,価格帯)」を重視したB案の2つを紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 洋食器のマーチャンダイジング

和食器のマーチャンダイジング

和食器売場を構成する商品には、[飯碗,湯呑,皿,鉢,急須,マグカップ,コーヒー碗皿,箸置き,花瓶,ポット,徳利]などがあります。
本書では、和食器のメイン商品5アイテム [飯碗,湯呑み,皿,鉢,急須] に焦点を当てたMDプランを解説します。

本書を読んで、[飯碗,湯呑み,皿,鉢,急須]のプライスゾーンを決めます。
[アイテム別型数]と[アイテム別什器台数]を決めます。
商品1点のスペースを決め、[アイテム別展開数]、[アイテム別棚段数]を算出します。
アイテムごとの[関心度別型数]や[プライス別型数]も決めます。
それらの算出法も解説しています。

プライスゾーンについては、例えば飯碗のプライスゾーンを800円から5,000円、中心プライスは1,600円とし、ベターの価格帯は2,000~5,000円、モデレートは1,000円以上2,000円未満、バジェットは800円以上1,000円未満と決めました。

大分類は、「アイテム」を重視したA案と「グレード(収入・価格帯)と単品・コーディネート」を重視したB案、B案にキャラクターを加えるC案の3つを紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 和食器のマーチャンダイジング

タオルのマーチャンダイジング

本書はタオルを扱っている専門店や百貨店、GMSなどの売場がMDを組み立てるときに作成するプランを紹介していますが、商品は[バスタオル,フェイスタオル,ハンドタオル]に絞っています。

本書を読んで、[バスタオル,フェイスタオル,ハンドタオル]のプライスゾーンを決めます。
[分類別の什器台数、棚段数]を決めます。
商品1点のスペースを決め、[アイテム別展開数]、[アイテム別フェイス数]を算出します。
[アイテム別展開型数]や[アイテムごとの関心度別型数]も決めます。
それらの算出法も解説しています。

プライスゾーンについては、例えばフェイスタオルのプライスゾーンを300円から2,000円、中心プライスは800円と決めました。ベターの価格帯は1,500~3,000円、モデレートは500円以上1,500円未満、バジェットは300円以上500円未満としました。

大分類は、「エイジ」を重視したA案、「グレード(収入・価格帯)」を重視したB案の2つを紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 タオルのマーチャンダイジング

寝具のマーチャンダイジング

寝具売場の主な商品は布団、毛布、ケット、ダウンケット、シーツ、カバーリング、枕、寝装小物、パジャマ、タオルですが、本書は[布団,毛布,ケット,シーツ,カバーリング]の5アイテムに絞って解説しています。

本書を読んで、[布団,毛布,ケット,シーツ,カバーリング]のプライスゾーンを決めます。
アイテム別売上予算、アイテム別型数を決めます。
アイテムごとの関心度別型数、プライス別型数を決めます。

プライスゾーンについては、例えば毛布のプライスゾーンを2,000円から20,000円、中心プライスは8,000円、ベターの価格帯は10,000~20,000円、モデレートは4,000円以上10,000円未満、バジェットは2,000円以上4,000円未満としました。

関心度別型数は、例えば毛布は純毛とアクリルの素材別、そしてシングルとダブルのサイズ別に振り分けます。

MDプランに活用する商品分類は、「アイテム、キャラクター、自家需要・ギフト」を重視したA案と「アイテム」を重視したB案の2つを紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 寝具のマーチャンダイジング

エプロンのマーチャンダイジング

本書は、エプロンを扱っている専門店や百貨店、GMSなどの売場がMDを組み立てるときに作成するプランを解説しています。

本書を読んで、[プライスゾーン]と[構成ブランドの位置付け]を決めます。
大分類別の[ラック本数と型数]を算出します。
[大分類別ブランド別型数]、[大分類別柄別型数]、[プライス別大分類別型数]を決めます。
それらの算出法も学べます。

ターゲットの設定はファッション商品と同じように、グレード、エイジ、テイストの3つの軸で行いました。
ホーム編の他の商品ではエイジとテイストは除外し、グレードのみの設定でした。しかし、エプロンはファッション商品と同様、身につける商品です。
そしてギフト需要が多く、購入の際にはブランド名も重視されます。そのような理由で、構成するブランドの位置づけを「グレード・エイジ・テイスト」の3つの軸で決めました。

大分類は、「ブランド」を重視したA案、「デザイン」を重視したB案、そしてB案を発展させた「デザインと機能・サイズ」を重視したC案の3つを紹介します。

アマゾンのページはこちらをクリック
 エプロンのマーチャンダイジング

МDプランを学べる Kindle本

実践的なマーチャンダイジングのテキストは下記のページでも紹介しています。

マーチャンダイジングの考え方をKindle 本で学ぶ

レディースアパレルのマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ

婦人服飾雑貨のマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ

メンズアパレルのマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ

紳士雑貨のマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ