今こそやろう!基本の見直し【POP編】

ポップ

コロナウイルスの感染者数が劇的に減ってきました。

収束の兆しが見えてきた今、やるべきことは基本の再確認です。

今こそ、小売店としてやらなければならない基本を改めて見直しをしましょう。

マーチャンダイジングの改革は数ヵ月先になるかも知れませんが、VMDとPOPは今すぐ改善できます。

キーワードは「絞り込み」です。

POPの見直しは「テーマの絞込み」から

売れるPOP作りの手順とは?
POPもVMDと同様に、お店のテーマに沿って進めます。

テーマが決まったら、まず伝えたいことを列記します。

次に切り口ごとにまとめて整理します。

伝えたいことの優先順位を決めます。それに沿ってPOPをルールに基づいて作成します。
例えば、「トレンド⇒ブランド⇒ 素材 ⇒ 機能」とします。

ここで決める順位が正解かどうかはやってみなければ分かりません。

これは仮説となります。

思ったほど成果が出ていないと判断したら、次の優先順位に沿ってPOPを作成します。
例えば、「ブランド⇒トレンド ⇒ 素材 ⇒ 機能」とします。

POPの反応の違いで、お客様の関心の度合いが判明します。

POPの基本を再確認できる記事

ポップとは【品揃え情報を文字で伝えて購買を促すもの】

ポップで売り上げを上げるために重要な【文字を使って伝える技術】

売り上げに貢献するポップの作り方

緊急提言と題して投稿した記事は以下です。
是非ご覧ください。

>>> 緊急提言【今こそやるべきことをやろう!】