VMDをKindle本で学ぶ

VMDを本で学ぶ

VMDとは品揃えの見える化:VMDの真髄はテーマの決め方と伝え方

VMDの解釈は様々ありますが、本質は「お店の品揃え情報をお客様に伝えること」で、「品揃えの見える化」とも言えます。

本書は「品揃えの見える化」を実現するために必須な「テーマの決め方と伝え方」にフォーカスし、具体的に分かりやすく解説しています。

「VMDレベルチェックNo.2」の6つの設問の回答も載せました。

『VMDとは品揃えの見える化』目次

はじめに

品揃え情報を商品で伝える 品揃え情報を文字で伝える [VP・PP・IP]と[ディスプレー・グルーピング]

Chapter1 テーマの設定という新しい法則

1.テーマを絞る理由

2.テーマを絞るとは?

3.品揃え情報が伝わるお店とは?
1)伝わらないと立ち寄ってもらえない
2)伝えないと売れない
3)売りたい商品を決めてテーマを絞る
・例1 婦人靴店
・例2 婦人服店
・例3 紳士服店
4)テーマ設定の4つの例
・婦人帽子
・ハーフブーツ
・カットソー&シャツ
・コート

Chapter2 テーマ設定の手順を知る

1.テーマをディスプレーで伝える
1)売りたい商品はハーフコート
2)テーマの優先順位を決める
3)テーマを整理する

2.テーマをグルーピングで伝える
1)売りたい商品はワンピースとトレンチコート
2)テーマの優先順位を決める
3)テーマを整理する

Chapter3 テーマをディスプレーで伝える

1.ある商業施設の婦人服店で
1)売りたい商品はブルゾン
2)優先順位は[アイテム ⇒ 素材 ⇒ ブランド]

2.婦人1
1)売りたい商品は綿のコートとハーフコート
2)テーマを整理する

3.婦人2
1)売りたい商品はストローハット
2)テーマを整理する

4.婦人3
1)売りたい商品はソックス
2)テーマを整理する

5.紳士1
1)売りたい商品はクルーネック
2)テーマを整理する

6.紳士2
1)売りたい商品はネクタイの小紋柄
2)テーマを整理する

7.紳士3
1)売りたい商品はメンズパジャマ
2)テーマを整理する

8.ホーム1
1)売りたい商品はホーローの鍋・フライパン
2)テーマを整理する

9.ホーム2
1)売りたい商品は食器水切り
2)テーマを整理する

10.ホーム3
1)売りたい商品はベトナム食器
2)テーマを整理する

11.食品1
1)売りたい商品はカマンベールチーズの輸入品
2)テーマを整理する

12.食品2
1)売りたい商品は缶ビール・日本酒
2)テーマを整理する

13.食品3
1)売りたい商品は紅茶
2)テーマを整理する

Chapter4 テーマをポップで伝える

1.ポップ作成の手順
1)売りたい商品を明確にする
2)アピールポイントに優先順位を付ける
3)テーマを整理する
4)ポップを作成する

2.ポップは見た目より言葉
1)伝わらないポップ
2)伝わるポップ

3.改善例 夏に快適な帽子
1)改善前
2)改善後
3)ビフォーアフター

4.改善例 初夏のプリントワンピース&スカート
1)改善前
2)改善後
3)ビフォーアフター

5.改善例 洗えるワイシャツ特集
1)改善前
2)改善後
3)ビフォーアフター

6.改善例 おぼろタオル
1)改善前
2)改善後
3)ビフォーアフター

Chapter5 VMDレベルチェックNo.2回答

1.ワンピースとコートを売りたいときの店作り
2.ブルゾンを売りたいときの店作り
3.セールを売りたいときの店作り
4.テーマの想定1:クリスマス商戦
5.テーマの想定2:春のニット
6.テーマの想定3:VP

アマゾンのページはこちらをクリック
 VMDとは品揃えの見える化:VMDの真髄はテーマの決め方と伝え方

売り上げが伸びるお店の作り方:「伝える」ことが繁盛店を作る

『売り上げが伸びるお店の作り方』 概要

『伝え方が9割』というベストセラー本があります。2013年に出版され、2015年に第2弾、2017年1月に漫画化され、シリーズ112万部という大ベストセラーです。

著者の佐々木圭一さんは現在コピーライターとして、また作詞家としても活躍されている方ですが、大手広告代理店に入社後コピーライターの部署に配属されたものの、書いても書いても全てボツ、そういう状態が続きます。

そんなあるとき、伝え方には技術や共通のルールがあり、そして伝え方で人生が変わることを発見します。それを綴ったのが『伝え方が9割』です。

「伝え方」に関心のある人が多い証と思いますが、小売業も同じで、伝え方には技術やルールがあります。それはとても重要なことで、伝え方次第で業績が変わるといっても過言ではありません。

ターゲットを引きつけ、リピーターを増やすことができれば、売り上げは伸びます。では、そのためにどうしたら良いのでしょう。その問いの答えが本書にあります。

売り上げを上げるために欠かせない”伝え方””テーマの設定の仕方””好かれるお店の作り方””売れるディスプレーの作り方””売れるPOPの作り方”等について分かりやすく解説しました。

そして具体的にイメージしやすいように写真を92点、イラストを28点、理解を深めるためのビフォーアフターの事例も23点載せました。

「VMDのレベルチェック10の設問」の解答も確認できます。本書は売れる店作りの習得に最適な1冊です。

『売り上げが伸びるお店の作り方』 目次

※下記の●は実例写真有り

Chapter1 立ち寄るお客様を増やすために

1)きれいな印象を与えて中身を伝える

1.きれいな印象を与えるために、目に入る色に統一感を持たせる
●目に入る色を統一した例1
●目に入る色を統一した例2
●目に入る色を統一した例3
●色を統一したビフォーアフターの例

2.中身を伝えるためにテーマを絞る
●テーマを絞ったビフォーアフターの例1
●テーマを絞ったビフォーアフターの例2

2)ディスプレーを設置する
●ビフォーアフターの例1
●ビフォーアフターの例2
●ビフォーアフターの例3
●ビフォーアフターの例4

3)魅力的な壁面で引き付ける
●魅力のない壁面の例
●魅力的な壁面の例1
●魅力的な壁面の例2
●魅力的な壁面の例3
●魅力的な壁面の例4
●ビフォーアフターの例1
●ビフォーアフターの例2
●ビフォーアフターの例3

Chapter2 リピーターを増やすために

1)分類が明確で分かりやすいと好かれる

1.分類とは?
2.分類は分類基準に優先順位をつけて決める
3.分類表示で欲しい商品の居所を知らせる

2)まとめ方が分かりやすくて美しいと好かれる
●まとめ方がわかりやすくて美しい例1
●まとめ方がわかりやすくて美しい例2
●まとめ方がわかりやすくて美しい例3
●ビフォーアフターの例1
●ビフォーアフターの例2

3)ディスプレーが美しいと好かれる
●目に入る色が絞られて美しい例
●原則通りに作られた美しいディスプレー1
●原則通りに作られた美しいディスプレー2
●原則通りに作られた美しいディスプレー3
●原則通りに作られた美しいディスプレー4
●ビフォーアフターの例

4)POPの中身が的確で分かりやすいと好かれる
POPの良い例
改善が必要なPOPの例

5)多すぎると嫌われる

1.商品が多いとお客様の居心地が悪くなるので嫌われる
●お客様の居心地を悪くしている例1
●お客様の居心地を悪くしている例2
●お客様の居心地を良くしている例

2.ディスプレーが多くても嫌われる
●多すぎるのでごちゃごちゃ感を与えるディスプレーの例

3.商品が適量だと好かれる
●商品を適量にして空間を確保した例1
●商品を適量にして空間を確保した例2
●商品を適量にして空間を確保した例3
●商品を適量にして空間を確保した例4

4.適量に改善したビフォーアフター
●什器を減らしたビフォーアフター1
●什器を減らしたビフォーアフター2
●ディスプレーを減らしたビフォーアフター

6)POPが汚いと嫌われる

●POPを設置して汚くなった例1
●POPを設置して汚くなった例2
●POPを設置して汚くなった例3

7)余計なものが目に入ると嫌われる

1.通路のダンボールは嫌われる
●ダンボールなど余計なものが目に入る例1
●ダンボールなど余計なものが目に入る例2

2.カウンター内の余計なものも嫌われる
●メモなどが目に入るカウンター回りの例
●ビフォーアフターの例
●カウンター回りがキレイな例

Chapter3 テーマを伝えるために

1)品揃えの一部だけでも伝えようと考える

1.品揃えの一部をディスプレーで伝える
●ビフォーアフターの例

2.品揃えの一部をPOPで伝える
POPで伝える例1
POPで伝える例2
POPで伝える例3
POPで伝える例4

2)代表商品を伝える売場作り

1.該当商品を売場前面のディスプレーで見せる
該当商品をディスプレーで見せている例

2.該当商品を前面に集めて固まりで存在感を強めてアピールする
該当商品を前面に集めてアピールしている例

3)伝えるために並べ方のルールを決める

1.定量
2.色の順番
3.サイズの順番

Chapter4 ディスプレーの原則とは

1)商品選定の原則1

●統一性の原則に基づいた例1
●統一性の原則に基づいた例2
●統一性の原則に基づいた例3
●統一したビフォーアフターの例1
●統一したビフォーアフターの例2

2)商品選定の原則2

1.旬で在庫が豊富な商品が飾られている
2.色に統一性がある
3.アイテムに統一性がある
4.価格が中心価格以下

3)構成の原則

1.安心感を与えてゆっくり見てもらう原則のトライアングル、シンメトリー
●トライアングルの例1
●トライアングルの例2
●シンメトリーの例1
●シンメトリーの例2
●シンメトリーの例3
●シンメトリーの例4

2.強く印象づける原則のリピート
●リピートの例1
●リピートの例2

3.目にしてもらうための構成
●クロスコーディネイションの例1
●クロスコーディネイションの例2
●タイトの例1 ●タイトの例2

4.売り上げに結びつける構成
●売り上げに結びつける構成の例1
●売り上げに結びつける構成の例2
●売り上げに結びつける構成の例3

4)VMDとは

Chapter5 VMDレベルチェック10の設問と解答

1)コートを売りたいとき
2)パンツを売りたいとき
3)分類について
4)改善ポイント1
5)改善ポイント2
6)科学と感性
7)仮説を立てる
8)テーマの設定
9)売り上げに結びつくPOPの作り方1
10)売り上げに結びつくPOPの作り方2

※上記●は実例写真

アマゾンのページはこちらをクリック
 売り上げが伸びるお店の作り方:「伝える」ことが繁盛店を作る

『売り上げが伸びるお店の作り方』 English Version

“VISUAL MERCHANDISING IN JAPAN” Summary

The title of this book is “VISUAL MERCHANDISING IN JAPAN.” We believe that the essence of this is to convey a theme.
The way of conveying messages has techniques and rules. That is very important and understanding which is better way of conveying messages may make a big difference in business performance.
If you could convey the theme set up for customers, you may attract customers and increase the repeat customers. Then, what should we do for that?

The answer is written in this book. This explains in an easy-to-understand manner what to convey and how to convey it in order to increase sales. Thus, to make it easier to image concretely, I posted 71 photos, 17 illustrations, as well as 25 Before-After case examples in order to deepen understanding.
This book aims for understanding the principles of shop building that tend to rely on individual sensibilities and experience and to acquire the practical ability to create a thriving shop or improve a shop prosperous.

“VISUAL MERCHANDISING IN JAPAN” Contents

PREFACE – What is “the science of store”?

・The Essence in Visual Merchandising Is To Convey Theme
・Example of Basic Principles ・Rules Decided by the Company
・Example ofunique know-how

PART ONE – Increase the Number of Customers who Stop By

Chapter 1 – Give a Beautiful Impression and Convey the Contents
Chapter 2 – Install Display
Chapter 3 – Attract Customers with the Attractive Walls

PART TWO – Increase Repeating Customers

Chapter 4 – Shops Are Preferred when Their Classifications Are Clear and Easy to Understand Chapter 5 – People Like it when the Way of Putting Things Together Is Easy to Understand and Tidy
Chapter 6 – When the Display Is Tidy, It Will Be Liked
Chapter 7 – It Will Be Disliked if Too Much
Chapter 8 – Shops with Dirty POP Are Disliked
Chapter 9 – It Is Disliked when Shops Have Too Many Unnecessary Items

PART THREE – To Convey the Theme

Chapter 10 – We Will Try to Convey Even a Part of the Assortment
Chapter 11 – Creating a Shop That Conveys Representing Merchandises
Chapter 12 – Determine the Rules for Arrangement in Order to Convey
Chapter 13 – How to Decide the Themes

PART FOUR – Merchandise Presentation Principles

Chapter 14 – Principles when Choosing Items 1
Chapter 15 – Principles for Choosing Items 2
Chapter 16 – Principles of Composition

PART FIVE – “Creating a Shop” Level Check;6 Questions and Answers

Chapter 17 – When you Want to Sell a Coat
Chapter 18 – When you Want to Sell Pants
Chapter 19 – The Points of Improvement Part1 Chapter 20 – The Points of Improvement Part 2 Chapter 21 – Science and Sensibility

About the Author

Written by Yuko Matsui Supervised by Akimitsu Takenaga

Amazon Kindle

↓ ↓ ↓ ↓

伊勢丹に学ぶ「売れる!」店作り Kindle版

伊勢丹その存在感は百貨店業界の中でも圧倒的なものがあります。
小売業者はもちろん、他業種の人でもその成功の秘密を知りたいと思っていることでしょう。
本書では伊勢丹をよく知る店づくりのプロが、仕入れ、陳列、改装など、店舗運営のあらゆることを「科学と感性」に分け、詳しく、実践的に指南します。
感性に頼るリスクを減らし、科学によって売上を安定させる伊勢丹の秘密を具体例満載で完全解説!

アマゾンのページはこちらをクリック
 伊勢丹に学ぶ「売れる!店作り」一人勝ち店舗の「科学と感性」の販売ノウハウとは? Kindle版

マーチャンダイジングの科学を学べる Kindle本

実践的なマーチャンダイジングのテキストは下記のページでも紹介しています。

マーチャンダイジングの考え方をKindle 本で学ぶ
レディースアパレルのマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ
婦人服飾雑貨のマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ
メンズアパレルのマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ
紳士雑貨のマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ
インテリアのマーチャンダイジングをKindle 本で学ぶ